日本の朝日100選選考委員会、日本列島朝日の旅地域推進協議会の第1次選定地域7カ所(平成12年)の一つに皆生温泉が選ばれました。その後、タ陽100選も加わり、現在は日本のタ陽朝日100選となっています。皆生温泉から見る朝日は、国立公園・大山の方向から昇るため、雄大な山容がシルエットとなり、幻想的な風情を醸し出します。特に毎年11月と1月に大山山頂から昇る朝日は、まさにダイヤモンド大山と呼ぶにふさわしい神秘の情景を演出します。また、神々の国出雲方向に沈むタ日の情景も一見の価値があり、日の入り前にチェックインされることをお勧めします。オフィシャルツアーでサンセットクルージングの企画もあります。

7月20日の『海の日』制定(平成8年)を記念して設けられた『日本の渚100選』に、米子市の皆生温泉から境港市に続く弓ヶ浜半島が選ばれました。弓ヶ浜半島は、名前のごとく緩やかな弧を描いた総延長17kmもある巨大な砂州で、海岸線の延長線上に大山があるという独特の景観を形成しています。天平5年(773年) の「出雲風土記」の国引き神話に登場する国引きの綱にもたとえられた美しい地形をしています。海岸線には防砂用として植えられた黒松が延々と連なり、ハマヒルガオやハマボウフウなど貴重な砂地の植物の自生地であることはもちろん、夏場は海水浴やキャンプ、地引き網、釣りなど、マリーンレジャーを楽しむ観光客でにぎわいます。

弓ヶ浜半島は『日本の白砂青松100選』にも選定(昭和62年)されています。日本海側(美保湾)の海岸線上に延々と連なる砂州と黒松林は、まさに白砂青松の名がピッタリの情景です。皆生温泉でもこうした黒松の景観を温泉街のシンボルとして大切に守り育んでいます。海岸沿い松が内陸方向に傾いているのは、長年にわたって冬の季節風にさらされた証しです。皆生温泉にお越しの際は、こうした大自然の織り成す造形美もご覧下さい。

わが国の優れた都市景観の代表例として、当時の建設省(現・国土交通省)などが提唱する『都市景観100選』に平成11年度、皆生温泉街が選定されました。日本海と大山を背景とした恵まれた自然環境と、景観にも配慮した海岸の護岸や街並みの機能的な都市空間がバランス良く共存している点が評価されました。温泉街を分かりやすくするため、道路のうち、南北の筋には1条通りから9条通り、東西の筋には「トライアスロン通り」「温泉中央通り」「潮騒通り」「潜の散歩道」の名称を付け、随所に通り名表示のポールを設置しています。

日本の朝日100選選考委員会、日本列島朝日の旅地域推進協議会の第1次選定地域7カ所(平成12年)の一つに皆生温泉が選ばれました。その後、タ陽100選も加わり、現在は日本のタ陽朝日100選となっています。皆生温泉から見る朝日は、国立公園・大山の方向から昇るため、雄大な山容がシルエットとなり、幻想的な風情を醸し出します。特に毎年11月と1月に大山山頂から昇る朝日は、まさにダイヤモンド大山と呼ぶにふさわしい神秘の情景を演出します。また、神々の国出雲方向に沈むタ日の情景も一見の価値があり、日の入り前にチェックインされることをお勧めします。オフィシャルツアーでサンセットクルージングの企画もあります。

7月20日の『海の日』制定(平成8年)を記念して設けられた『日本の渚100選』に、米子市の皆生温泉から境港市に続く弓ヶ浜半島が選ばれました。弓ヶ浜半島は、名前のごとく緩やかな弧を描いた総延長17kmもある巨大な砂州で、海岸線の延長線上に大山があるという独特の景観を形成しています。天平5年(773年) の「出雲風土記」の国引き神話に登場する国引きの綱にもたとえられた美しい地形をしています。海岸線には防砂用として植えられた黒松が延々と連なり、ハマヒルガオやハマボウフウなど貴重な砂地の植物の自生地であることはもちろん、夏場は海水浴やキャンプ、地引き網、釣りなど、マリーンレジャーを楽しむ観光客でにぎわいます。

弓ヶ浜半島は『日本の白砂青松100選』にも選定(昭和62年)されています。日本海側(美保湾)の海岸線上に延々と連なる砂州と黒松林は、まさに白砂青松の名がピッタリの情景です。皆生温泉でもこうした黒松の景観を温泉街のシンボルとして大切に守り育んでいます。海岸沿い松が内陸方向に傾いているのは、長年にわたって冬の季節風にさらされた証しです。皆生温泉にお越しの際は、こうした大自然の織り成す造形美もご覧下さい。

わが国の優れた都市景観の代表例として、当時の建設省(現・国土交通省)などが提唱する『都市景観100選』に平成11年度、皆生温泉街が選定されました。日本海と大山を背景とした恵まれた自然環境と、景観にも配慮した海岸の護岸や街並みの機能的な都市空間がバランス良く共存している点が評価されました。温泉街を分かりやすくするため、道路のうち、南北の筋には1条通りから9条通り、東西の筋には「トライアスロン通り」「温泉中央通り」「潮騒通り」「潜の散歩道」の名称を付け、随所に通り名表示のポールを設置しています。